フコイダンとは

Permalink

フコイダンというのは最近注目されている成分のことです。こちらはワカメやコンブのネバネバの原因となっているものです。こちらは1913年にスウェーデンの学者によって発見されました。沿岸部にいる人達の健康状態が良いことに注目をして研究を進めていった結果、海藻類のねばねばにこちらの成分が含まれていることが分かったのです。

フコイダンフコイダンはさまざまなものに活用されています。健康食品だけではなくて、たとえば動物を飼育する際に飼料に混ぜることによって健康を促進させられることが分かっているのです。動物達の免疫力を高めることにも役立っています。これによって、より高品質な食材を得ることができるのです。

フコイダンは褐藻類に多く含まれています。硫酸化多糖の一種であり、食物繊維です。1970年以降になって盛んに研究が進められるようになりました。90年代には日本でも研究が進み、多くの報告がされるようになったのです。実験動物や培養細胞を用いた研究が主なものであり、これからは実際に人間を活用して研究をすることが期待されています。臨床研究を進めていくことによって、フコイダンは健康食品だけではなくて、さらなる活用の仕方があるのではないかと注目されているのです。最後にフコイダンの効果について紹介します。